二葉会トップページ>>天城・修善寺・西伊豆の旅


2007年11月9日・10日 天城・修善寺・西伊豆の旅
広島二葉会17名、関東二葉会17名、関西二葉会3名、合計37参加(幹事:関東二葉会)

JR新幹線三島駅  

一年ぶりの再会をはたせて嬉しそうでしたね・・・・・


001

002

003

004


貸切バスにて  

 幹事さんは大学時代に旅行の添乗員のアルバイトを幅広くしていただけあり、テキパキと手際よかった。


005

006

007

008


修善寺(しゅぜんじ)  

 修善寺温泉の歴史は平安時代に弘法大師が開いたという修禅寺の歴史とともにある。独鈷の湯も弘法大師が湧出させたとされこれが修善寺温泉の起源である。川原で病気の父親の体を洗う少年のために、弘法大師が独鈷を用いて岩を砕き、そこからお湯が湧出した、との開湯の伝説が残るらしい。



009

010

011

012

013

014

015

016

017

018

019

020

021

022

023

024

025

026

027

028

029

030

031

032

033

034

竹林の路を散策

035

036








浄蓮の滝(じょうれんのたき)   

 浄蓮の滝(じょうれんのたき)は静岡県伊豆市湯ヶ島にある滝。かつて滝の付近に「浄蓮寺」という寺院があったことから「浄蓮の滝」という名称がついたといわれる。狩野川の上流部の本谷川にかかる。鉢窪山の噴火により作られた。
 石川さゆりの「天城越え」の歌碑がある。二葉会の歌姫はバスの中でも熱唱(^^♪



037

038

039

浄蓮の滝

040

041

042

043

044

045

046

川端康成の
伊豆の踊り子

047

048

049




黄金崎(こがねざき)   

 駿河湾に面した断崖「黄金崎」は、猫越火山流が海になだれこんでできたもので、風化によって削り取られた岩肌が黄褐色に輝きます。駿河湾上に浮かぶ富士山の眺望がよく、岩肌が落日に染まる頃が特に素晴らしい場所です。
 舗装された遊歩道が海辺と松林内と通り、岬にはここを描いた三島由紀夫の小説「獣の戯れ」の一説を刻んだ碑も立っています。



050

三島由紀夫の・・

051

052

053

054






堂ヶ島温泉ホテル   

伊豆半島の西海岸は、日本の夕陽百選にも選ばれた、美しい夕焼けの名所です。特に10月〜3月にかけての期間、晴れた日の堂ヶ島の夕映えの美しさは、言葉に表せないほど感動的。
 三四郎島を始め、数々の島影と夕陽の織り成す自然の光の美しさはため息が出る。
 堂ヶ島温泉ホテルは、眺望抜群の立地にありましたがあいにく天候がね。





055

056

057

058

059

060

061

062

063

064

065

066

067

068

069

070

071

072

073



宴会後のカラオケ 

 広さは十分でしたが、カラオケルームとしての反響対策がとられていない部屋で、気分よく歌える状態ではなかったですね。でも、カラオケと談笑と楽しいひと時でした。



074

075

076

077

078

079

080

081

082

083






洞窟めぐり遊覧と加山雄三ミュージム 

 堂ヶ島バス停前から出航する堂ヶ島マリンの“堂ヶ島洞窟めぐり”は、圧巻がやはり天窓洞。薄暗い洞窟の中に天井から光のカーテンが降りてくる下を進み、神秘的な気分が味わえる。
 加山雄三ミュージアム 洞くつめぐり遊覧船に併設されている、俳優で多才な加山雄三さんの博物館。「心地いい空気感」がテーマで、驚きと安らぎ、そして感動を呼ぶ作品を展示していた。





084

085

086

087

088

089

090

091

092

093

洞窟の中に船とともに

094

095

天然記念物-堂ヶ島「天窓洞」

096

天窓洞の堂ヶ島遊覧を終えて

堂ヶ島散策中にハイポーズ

曇り空であったが心は晴々

097

098

099

100

101

102


土肥金山 

 土肥金山は、江戸時代に第一期黄金時代を明治時代から昭和にかけて第二期黄金時代を迎え佐渡金山に次ぐ生産量を誇った伊豆最大の金山で、推定産出量は、金40t、銀400tである。
 土肥金山での滞在時間は長かった割には写真を撮っていない。みんなもう疲れていたのかも。






帰路にて 

帰路は台風が来たような強風と雨に遭い、屋外観光は控えめであった。



101

102

新大阪駅で名残を惜しむ

二人は牛田でまた会える


この度は、桑原さんと木村さんと杉崎さんから写真の提供をして頂きました。次回もご協力のほどお願いいたします。



琵琶湖周辺旅行  山口・萩の旅